現代日本のED事情

現代人はED(勃起不全)

人類の生殖能力が急速に衰えている、そんなニュースを聞いたことはありませんか?昔は男性のEDといえば、30~40代くらいから始まる加齢に伴う症状が一般的でした。しかし現代の先進国では、若者も精子の量が激減しセックスをしなくなり、若いうちから勃起不全に陥るケースが増えています。
最近は20代からバイアグラなどのED治療薬を購入する男性も増えてきており、ED治療薬は一部の人だけのものではなくなってきています。

増加するED患者

現代の日本では4人に1人がED(勃起不全)といわれています。また軽度の勃起不全が若い人を中心に増えており、成人男性の半数が勃起に何らかの問題を抱えているというデータもあります。

一口でEDといっても症状の程度やケースは様々です。
・勃起しにくい
・たまに勃起しない
ここまでなら軽度のED。
・ときどき勃起しない
・勃起しても途中で中折してしまう
このくらいまでが中程度のED。
・全く勃起しない
・自慰は問題ないが女性が相手だと勃起しない
これは完全EDです。

バイアグラの人気の理由

バイアグラが発売された1998年当初、世界は熱狂しました。それから20年近くたった今も世界中の男性がバイアグラを始めとするED治療薬をしています。それはなぜでしょうか?
セックスは人間が猿だった頃は子どもを作る手段でしかありませんでした。しかし人間は知性を獲得し社会を形成する上でセックスに子作り以外の意味を見つけてしまいました。
現代の男性は、セックスを自分自身の性欲を満たすため、それと同時にパートナーを喜ばせるという意味ももっています。そして男性はそれによって自分の男らしさを確認することができるのです。また女性も、男性との性行為で男性のペニスから力強さや男らしさを感じます。それが男女の性生活を豊かにするだけでなく、絆を深め、人生も豊かになっていきます。

勃起に不安があるなら‥

ただ、日々の仕事や生活の疲れ、ストレス、体調のアップダウンなどで、勃起が満足できるレベルにならないこともあります。
・途中で萎えてしまう(中折れ)
・なかなか勃たないから面倒
・若い頃のように固くならない
・勃たなかったことがあって不安
こういったことがあると、自然と性生活が疎かになってしまいがちです。パートナーに責められたり、勃起しないことを率直に話し合えなかったりすれば、それが原因でEDがよけいに勃起しにくくなります。

EDで女性も悩んでいる

EDというと当然男性の問題だと思われがちですが、実は男性のEDで悩む女性は30代から急激に増えてきます。
・パートナーが元気がない
・途中で固くなくなると不安になる
・性欲がたまって浮気したくなる
・性生活が減って愛を感じない
男性がたくましいペニスで女性に対して自信を持ちたいのと同じように、女性も男性にたくましいペニスや充実した性生活を望んでいるのがよくわかります。
ただ、男性のペニスに元気がないと女性からいうのは難しいものです。男性が言いにくいように女性も話題にできず、二人の間の溝がどんどん深まってしまうということも珍しい事ではありません。

ED治療薬は身近な治療薬

現在バイアグラ・バイアグラジェネリックはほぼ全世界で流通するED治療薬です。軽度のEDから重度のEDまで「飲めば明日から20代のペニスに」というわけにはいきませんが「飲めば3時間程度のあいだペニスが若返る」といった体験ができる夢のような薬です。
ただしバイアグラは効果の強い薬で、大量に飲んだり相性の悪い薬を使うと命にかかわる危険があります。また飲み方を間違えると、全く効果がなく時間も薬も無駄になってしまうという事もあります。

「バイアグラに興味がある」「バイアグラを使ってみたい」という方や、「バイアグラを飲んで具合が悪くなった」「バイアグラを使ったけど効かなかった」という方は当ページを参考にバイアグラについて考えてみてください。